Webライターが身につけるべき必要なスキル10選【初心者必見】

Webライターが身につけるべき必要なスキル10選【初心者必見】 WebライターのスキルUP
当ブログはアフィリエイト広告を使用しています。

きょうは、Webライターが身につけるべきスキルについて綴ってまいります。

  • 「Webライターに興味はあるけど、どんなスキルが必要なの?」
  • 「スキルがなくて不安…、自分にもできるかな?」
  • 「Webライターとしてスキルを身につけるには、どうすればいいんだろう?」

このような疑問を抱いている方は多いと思います。

そこで今回の日記では、Webライターに必要なスキル、強みになるスキルを解説します。

この記事でわかること
  • 身につけるべきスキル6つ
  • 強みになるスキル4つ
  • 初心者の方がスキルアップする5つの方法

発注先がWebライターに求めるスキルはどのようなものなか?を理解すると、仕事を進めやすくなりますよ。

桜御前
桜御前

「もっと自分の価値を高めたい!でも何から始めればいいかわからない…」方は、ぜひご参考くださいね

Webライターの仕事内容や収入について知りたい方は「【Webライターの始め方】仕事内容から進め方までゼロから解説!」をご覧ください。

スポンサードサーチ

5分でもどうぞ♪1分100円~なんでもOK!お気軽にご相談くださいね★
Webライター初心者さんのお悩み⭐丁寧に聴きます 何でもお話しください❤知識&経験をもとに優しくアドバイス☘️

ココナラで初心者さんの笑顔をサポートしています

WebライターWebライティングWordPressブログなど、初心者さんの「わからない」「困った!」をサポートしています。何かお悩みがあるときは「お悩み相談室」をご覧くださいね。

Webライターが身につけるべき6つのスキル

Webライターのスキル

Webライターの仕事を得るために、身につけるべき必要なスキルは6つあります。

Webライターに必要なスキル
  • 1. 文章力と構成力
  • 2. 情報収集能力
  • 3. SEOの知識
  • 4. コミュニケーション能力
  • 5. スケジュール管理能力
  • 6. あなたの経験や専門知識

文章力と構成力

  • 書籍や講座から学ぼう!
  • WordPressブログを始めよう!

Webライターには、情報を正しく伝える文章力と構成力が必要です。

Web文章は幅広い年齢層が目にするため、だれが読んでも理解できるよう、内容をわかりやすく伝える能力を求められます。

たとえば、接続語や文末表現などを正しく用いる日本語能力や見出しの内容や導入文などを読みやすくする文章作成能力です。

文章力と構成力があると記事の信頼性が高まり、Webライターとして高い評価を得られます。

また、文章構成には型があり、代表的な型を身につけると説得力のある記事を書けます。

文章構成の型はつぎのとおりです。

文章構成の型

シンプルな型で習得しやすいので、はやめに身につけましょう。

文章力と構成力は書籍や講座から学んだり、ブログを始めたりすることで身につきます。

おすすめの書籍や講座は、下の記事で紹介していますので、あわせてご覧くださいね。

くわしく知りたい
Webライターの文章力を鍛える本5冊!語彙力と共感力を磨く本3冊!

文章力を身につけるには、下の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてご活用ください。

くわしく知りたい
Webライティングの基本ルールと文法テクニック!読まれる文章の書き方

Webライティングの書き方!基本と手順を1から解説【初心者必見】

情報収集能力

  • 普段から意識して多くの情報に接しよう!
  • 本・雑誌・新聞を読もう!

Webライターにとって情報収集能力は大切なスキルです。

記事を執筆するときは、ほかの文献や書籍、Webサイトから情報を集めることが多くなります。

そのため、誤った内容を伝えないよう、真実を見分ける能力が必要です。

情報収集能力を身につけると、的確で正確な情報を効率よく集められます。

また、正しい情報をわかりやすい言葉でまとめられると、Webライターとして重宝されます。

情報収集能力を上げるためには、新聞や雑誌など普段から意識して情報に接することが大切です。

「おかしい」「怪しい」と見抜ける感覚が養われるようになり、適切に真意を見極められるようになります。

下の記事では、情報収集の仕方と効率よく情報を集めるコツを解説しています。

Webライターを始めたばかりで「具体的な情報収集の仕方がわからない…」という方は、ぜひご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webライティングはリサーチが大切!手順と3つのコツを解説

SEOの知識

  • 書籍や講座から学ぼう!
  • ブログで実践して感覚を養おう!

SEOの知識を理解してスキルを身につけると、検索結果で上位に表示することができ、多くの人に記事を読んでもらえます。

SEOとは、インターネット検索から多くの人に記事を読んでもらうために対策を立てること。

読者の悩みを解決する文章を書くことは、SEOの効果を高めます。

どれだけ良い記事を書いても、だれにも読んでもらえないのでは意味がありませんよね。

SEOのスキルがあると、Webサイトへ訪れる人を増やせるため、多くの発注者から喜ばれます。

基本的な知識を身につけることで案件の幅が広がり、単価交渉のときも有利に話を運べますよ。

では、どのように知識を身につけたらよいのでしょう?

SEOの知識とスキルは、書籍や経験を通じて勉強を重ねることが近道です。

おすすめの書籍は「沈黙のWebライティング」と「10年つかえるSEOの基本」です。

どちらも丁寧な解説なので、知識がまったくない方でも理解できます。

また、基礎から実践までをしっかりと深めたい場合は「SEO検定 」のダウンロード学習コースがおすすめです。

SEO検定の学習内容
  • ビデオ講座
  • セミナービデオ
  • PDFテキスト
  • 合格ドリル・過去問(PDF)

図解入りで丁寧に解説したテキストと動画教材なので、確実なスキルを身につけられます。

資格を取得すれば、高い評価を得られ、Webライターとしての価値を高められます。

「SEO検定」の内容や合格法は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
SEO検定を取得するメリットと評判は?合格する勉強法や難易度も解説

SEOの知識は、このブログでも数多く解説していますので、ぜひ「SEOライティング」の記事をご覧くださいね。

くわしく知りたい
SEO対策とは?上位表示のやり方を初心者にわかりやすく解説!

コミュニケーション能力

日頃から意識して「聴く力」「読み解く力」「伝える力」磨こう!

Webライターにとって、コミュニケーション能力も必要なスキルのひとつです。

Webライターは在宅での案件が多いため、人と関わらない仕事と思われがちですが、発注先とのやりとりは欠かせない業務です。

チャットでのやりとりやオンライン会議など、コミュニケーションをする機会は多くあります。

そのほかにも、報連相を行う納期を守る記事作成のマニュアルやルールに従うなど、接する機会は少なくありません。

これらの対応をきちんと行うことで、発注先への印象を高めることができます。

桜御前
桜御前

信頼関係を築けるようになると継続して長くつき合えたり、新しい案件を紹介してくれたりすることもありますよ

発注先の気持ちを正しく汲み取るにはコミュニケーション能力が欠かせません。

日頃から意識して「聴く力」「読み解く力」「伝える力」磨きましょう。

発注先との信頼関係を築くには、下の記事を参考にすると実践しやすいですよ。

くわしく知りたい
初心者Webライターでも継続案件を確実に獲得できる9つのコツ!

またコミュニケーション能力を上げるには、デール・カーネギー「人を動かす」の本もおすすめです。

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/25 19:58:45時点 楽天市場調べ-詳細)

人によい印象をあたえる極意を学べるので、仕事を円滑に進める秘訣を習得できますよ。

スケジュール管理能力

早いうちからスケジュール管理能力・自己管理能力を鍛えよう!

Webライターとして、スケジュール管理能力も必要なスキルです。

Webライティングの受注日や納品日、修正期限などのスケジュール、それを実行するための予定調整など、自己管理能力を求められます。

発注先の信頼を失わないためにも予定通りに納品し間に合いそうにないときは必ず相談しましょう。

とくに、仕事が増えてくるとスケジュールやタスク管理は不可欠です。

スマートフォンやパソコンなどのスケジュール機能を利用して、早いうちから管理能力を伸ばしましょう。

上手にスケジュールを調整・管理する方法は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webライターが納期に間に合わないときにすべき対応6つの手順

あなたの経験や専門知識

  • 提供できる知識や経験はないか過去を振り返ろう!
  • 強みを活かせる案件に挑戦しよう!

特定の分野について、あなた自身の幅広い経験や豊富な知識、専門的な意見を持っていると報酬の高い案件を受けられます。

たとえば、旅行体験や転職経験、医療や金融、IT系の専門知識は報酬が高い傾向にあります。

初心者の方は過去の経験をふり返り提供できる知識や経験はないかを見つめてみましょう

あなたが気づいていないだけで、活かせる能力は必ずあります。

あなたの強みを少しでも活かせる案件を見つけたらどんどん挑戦しましょう。

また、通信講座の学習教材をうまく活用して、活かせる能力を探したり専門知識を高めたりすることもおすすめです。

おすすめの通信講座や検定資格は、下の記事で解説していますので、ぜひご活用くださいね。

くわしく知りたい
資格取得!おすすめ通信講座9選と選び方【Webライター向け】

Webライターに有利な検定資格11選と合格の勉強法【初心者向け】

つぎは、さらに強みになるスキルを見てみましょう。

Webライターの強みになる4つのスキル

Webライター強みになるスキル

Webライターの強みになるスキルは4つあります。

Webライターの強みになるスキル
  • 画像作成能力
  • WordPressのスキル
  • 写真撮影スキル
  • インタビュースキル

上のスキルを身につけると有益な武器になり、交渉や提案がしやすくなります。

画像作成能力

Canvaの使い方はWebサイトやYouTube動画を参考にしよう!

Webライティングの案件に、画像選定の案件は多くあります。

画像を簡単につくれる能力があると、仕事の幅が広がります。

画像をCanvaやパワーポイントで作ったり、グラフを作ったりと要望は案件によりさまざまです。

illustratorやPhotoshopを使えると、さらに発注先から重宝されます。

これらを使える場合は、積極的にアピールしましょう。

Canvaの使い方は、WebサイトやYouTube動画を参考にすると、初心者でも簡単に操作できるようになります。

また下の記事でも、画像つきでCanvaの使い方を解説していますので、ぜひ参考にして実践してみてくださいね。

くわしく知りたい
【初心者必見】Webライターの画像選定!6つの基本ルールとコツ

WordPressのスキル

WordPress入稿の案件にチャレンジしよう!

案件の中には、Webライター自身がWordpressで入稿して納品する案件もあります。

WordPressの操作ができると、案件の数を増やせることはもちろん、報酬を上げやすくなります。

WordPressは簡単に操作できるように作られているため、初心者の方でもすぐに習得できます

ぜひこの機会に、Wordpressに慣れて、入稿の案件にチャレンジしてみましょう。

WordPressの使い方は、下の記事でわかりやすく解説していますのでお役立てくださいね。

Webライティングに必要な項目をまとめていますので、すぐに直接入稿できるようになりますよ。

くわしく知りたい
【Wordpress入稿の方法】初心者Webライターでも簡単!

WordPressアイキャッチ画像の設定方法と作り方【Canvaで簡単】

写真撮影スキル

  • スマートフォンのカメラを活用しよう!
  • 本格的に身につけるなら講座がおすすめ

多くのWebサイトは、文章のほかに写真を一緒に載せることが多いです。

写真をプロのカメラマンに依頼したり、販売業者から購入したりすると費用がかさみます。

そのため、執筆だけでなく写真撮影スキルのあるWebライターは貴重な存在です。

執筆と同時に写真撮影を依頼されることが多く、仕事の件数を増やせるだけでなく、単価も大きく跳ね上がります。

撮影といっても身構える必要はありませんよ。

紙媒体に載せるほど高い品質を求められることは少ないため、スマートフォンのカメラを使用すれば十分に活用できます。

自動で補正をしてくれるため、一定水準の品質を保った写真を撮影できますよ。

あなたの体験を交えた記事はもちろん、取材記事の場合も、独自の写真を使えるようになると、活躍の幅大きく広げられて自信につながります。

本格的に写真撮影スキルを身につけたい場合は、講座を活用するのがおすすめです。

おすすめの講座はライティングハックスまたは「SHElikes」です。

これらの講座を活用すれば、写真やカメラ、デザインのスキルをしっかりと習得できます。

インタビュースキル

取材案件に挑戦しよう!

インタビュースキルとは、読者が関心を持つ情報をいかに上手にインタビュ-相手から引き出せるかという能力です。

相手が話しやすいように質問を投げかけたり、話し方や聞き方を変えたりするスキルを求められます。

記事の方向性の確認や調査などの事前準備も欠かせません。

「Webライターとして成長したい!」「もっと活躍したい!」と考えるなら、取材案件を受けてインタビュースキルを身につけましょう。

「写真撮影スキル」と「インタビュースキル」は、Webライター養成講座を活用すると実践的なスキルを学べます。

現場で活躍したプロから本格的に学べるため、受講を終えたあとは、すぐに取材記事を書けるようになります。

おすすめは、ライティングハックスと「SHElikes」です。

下の記事では、2つの講座の特徴や評判を解説していますので、ぜひご参考くださいね。

くわしく知りたい
Writing Hacks(ライティングハックス)の評判を徹底調査!

SHElikes Webライティングコースの特徴と評判!【2023年最新】

取材ライターの仕事内容を知りたい場合は、下の記事をお役立てください。

くわしく知りたい
取材ライターとは?仕事の流れ・必要なもの・身につけたいスキルを解説!

スポンサードサーチ

初心者Webライターがスキルアップする方法5選

続いて、初心者Webライターがスキルアップする方法を5つ見てみましょう。

スキルアップする方法5選
  • Webライティング講座で学ぶ
  • 本をたくさん読む
  • 検索上位の記事を研究する
  • 良質な記事を写経する
  • WordPressブログで実践する

Webライティング講座で学ぶ

Webライターに必要な要素をプロから間近で学べる

初心者がスキルアップするのにもっとも最適な方法は、講座やスクールで学ぶことです。

講座で学べば、現役のプロから文章の書き方はもちろん、案件の獲得方法や仕事の進め方、キャリアアップの方法、Webライターとしての心構えなども教えてもらえます。

おすすめのWebライティングは、つぎの5つです。

おすすめのWebライティング講座

上の講座は、プロの現役ライターが講師として指導してくれるので、成功談や失敗談など、貴重な生の声を聴けます。

「Webライターとして活躍したい!」「将来を見据えて頑張りたい!」という場合は、Webライティング講座を有効活用して、抱えている夢を実現しましょう。

Webライティング講座の特徴や評判は、下の記事で解説していますのでご参考くださいね。

本をたくさん読む

正しい日本語・豊かな表現力・語彙力が身につく

Webライターとしてスキルを高めるには、本をたくさん読むことも有効です。

正しい日本語や奥行きのある言葉に多く触れることで、豊かな表現や使える語句がどんどん増えていきます

インターネット上の情報は、だれでも簡単に発信できるため、不適切な日本語も多く含まれます。

一方、本の場合は、プロの目線で編集や校正が行われたうえで出版されるので、適切な文章を読むことで文章力が高まります。

Web上では得られない知識や教養も身につくので、本を読むことは、Webライターのスキルアップに適しています。

検索上位の記事を研究する

読者を惹きつける記事の構成や特徴を理解できる

検索結果の上位に表示された記事を読むことも、スキルアップにつながります。

どのような構成で書かれているのか、どのようなキーワードで情報を伝えているのか、タイトルや見出し、本文を研究することで、興味を惹きつける特徴や見せ方を掴めます

とくに、検索結果の上位にある記事は、それだけ多くの人に読まれている証なので、読者の求める情報を満たす内容だと言えます。

つまり、優れたお手本なので、しっかりと読む込むことで参考にできる教材になります。

自分の文章と比較すると、足りないものや補うべき要素を把握できるので、過去に執筆した記事があるなら、実際にキーワードで検索して見比べることがおすすめです。

良質な記事を写経する

文章のリズムや魅力的な表現の引き出しを増やせる

文章を書くのが苦手な方は、良質な記事を写経するのがおすすめです。

写経とは、書かれた文章をそのまま書き写すことです。

ほかの人が執筆した文章を書き写すことで、自分の筆にはない独特のリズムや言葉の表現を体感的に捉えることができます

  • 「ここで句読点を打ったり、体言止めを使ったりするから読みやすいんだ」
  • 「こんな風に問いかけると、親近感を覚えるのかあ」

良質な文章を一字一句なぞっていくと、上のような気づきを得て、普段使わない言葉や魅力的な表現の引き出しを増やすことができます

自分の筆の過不足に気づき、成長の糧になるので、書けずに悩んでいる方は、ぜひ写経を実践してみてください。

WordPressブログで実践する

SEOスキルやWebマーケティングのスキルを鍛えられる

WordPressブログを始めてWebサイトを運営することも、スキルアップにつながります。

自分でサイトを運営すると、アクセスを増やす方法や成果を上げる対策を試行錯誤して考えるようになります。

その分析の積み重ねが、SEOスキルやWebマーケティングスキルの向上に役立ちます

身につけた知識だけでは得られない感覚を鍛えられるので、そのスキルを武器にすれば、仕事の幅を一気に広げられます。

ブログを実践することは、スキルアップはもちろん、Webライターのキャリアアップにも有利になります。

では、スキルアップの方法を理解できたら、収入をアップさせる方法も見てみましょう。

初心者Webライターが収入をアップさせる方法5選

初心者Webライターが収入を上げる方法は、5つあります。

収入をアップさせる方法5選
  • 実績を積む
  • 専門性を高める
  • ブログやSNSで知名度を上げる
  • 単価交渉をする
  • 直接契約の案件を増やす

スキルや実績を高めれば、初心者でも高収入を目指せるので、実践できるものがあれば、ぜひチャレンジしてくださいね。

実績を積む

読者や発注先からの信頼度と評価が高まる

Webライターとして収入を上げるには、実績がもっとも重要です。

実績を積むほど、発注先からの信頼と評価が高まり、継続案件や指名依頼につながります。

実績を積み重ねよう!
  • ブログのアクセス数や成果の実績
  • クラウドソーシングでの評価や案件数
  • 直接契約で受注した企業の数や案件数
  • メディアに掲載された記名記事の執筆数
  • SEOで検索上位に表示された記事の実績
  • 取材やインタビュー記事の実績

実績のない初心者のうちは、ブログ記事を実績としてアピールすると、つぎの案件を獲得しやすくなります。

一つひとつ案件を積み重ねるごとに単価交渉もしやすくなるので、地道にコツコツと案件の数を増やして信頼度を高めましょう。

専門性を高める

Webライターとしての価値が高まる

Webライターにとって専門性を高めることも、収入アップにつながります。

特定のジャンルにしぼって案件を受注し、くわしい知識を身につけて専門性を高めると希少価値が上がりあなたに執筆してほしいという需要が高くなります

Webライターの数はたくさんいますが、むずかしい知識や専門用語をわかりやすく伝えられるWebライターはまだまだ少ないです。

実際に、文字単価の高い執筆ジャンルほど、専門知識や資格を持っている人に限定して募集しています。

たとえば、金融ジャンルであれば「FP検定資格保有者」に限定した案件は、文字単価3円以上で募集されることも珍しくありません。

同じジャンルをくり返し執筆すれば、自ずと深い知識が身につき、信ぴょう性の高い説得力のある記事を書けるようになります。

質の高い記事を提供できる専門ライターとして、知識を極めて収入アップを目指しましょう。

専門分野の見つけ方や伸ばし方は、下の記事が参考になりますので、あわせてご覧くださいね。

くわしく知りたい
初心者Webライターの収入を倍増!専門分野の作り方7ステップ

初心者Webライターの稼げるジャンル6選!選び方とコツを解説!

専門ライターになる方法

ブログやSNSで知名度を上げる

得意分野や優れた点を多くの人に知ってもらえる

収入を上げるには、ブログやSNSを活用し、Webライターとしての知名度を上げることも最適な手段です。

日々の活動や実績役立つ情報をブログやSNSで発信することで、あなたの得意分野や優れた点を多くの人に知ってもらうことができますよね。

知名度が高く人気のあるWebライターは、たくさんの読者に記事を読んでもらえるため、高単価の案件を依頼されやすくなります。

影響力の高いWebライターほど売り上げに貢献できるので、手放したくないと発注先から求められ、報酬額もそれ相応に高くなります。

単価交渉をする

収入を上げる近道

収入を上げるには、文字単価を上げてくれるよう交渉するのが、いちばんの近道です。

いくら実績を積み上げても、自分から話を切り出さなければ、文字単価は変わりません。

発注先のほうから提案されることは少ないので、積極的にあなたからお願いしましょう。

発注先と信頼関係を築いている段階で話を持ちかけると交渉しやすいです。

単価交渉のタイミング
  • 信頼関係を築いているとき
  • メリットを提示できるとき
  • 成果や成長を伝えられるとき
  • 抱えている案件の平均単価が上がったとき
  • 追加で作業を依頼されたとき

上のタイミングを目安にあなたが貢献できること発注先のメリットになることを伝えて、具体的な金額を提示することが成功率を高めるポイントです。

確かな信頼を築いていれば、その後の関係が崩れることはないので、思い切ってチャレンジしてみましょう。

単価交渉の方法を知りたい場合は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webライターの単価交渉の方法とタイミング!初心者でも収入アップできる!

もし「単価交渉はまだ自信ない…」という場合は、少しずつ単価の高い案件にチャレンジすることから始めてみましょう。

くわしく知りたい
Webライターの文字単価の相場とは?単価別の仕事内容と単価アップの方法

直接契約の案件を増やす

高単価の案件を受注できる

高収入を目指すなら、直接契約の案件を増やし、将来的にはクラウドソーシングを卒業することが大切です。

クラウドソーシングを通して案件を受注すると、20%近い手数料を差し引かれますよね。

加えて、文字単価3.0円以上の案件になると募集が減る傾向にあるため、応募できる案件の量が限られてきます。

文字単価5円、10円と上を目指すなら、直接契約の案件にしぼりましょう。

直接契約であれば、クラウドソーシングと異なり、発注する側も手数料を差し引かれないため、単価を上げてもらえやすくなります。

直接契約の案件を増やす方法は、下の記事で解説していますので、ぜひ参考にして実践してみてくださいね。

くわしく知りたい
Webライターが直接契約を獲得する4つの方法と3つの注意点!

スポンサードサーチ

Webライターが身につけるべき3つの要素

Webライターが身につけるべき要素

Webライターとして活動を続けるなら、実績やスキルだけでなく、心構えも身につける必要があります。

Webライターが身につけるべき要素は3つです。

身につけるべき3つの要素
  • 向上心
  • 継続力
  • 読解力
桜御前
桜御前

これらは基本的な要素ですが、兼ね備えたWebライターが少ないので、持っているとあなた自身を強くアピールできますよ。

向上心

責任能力や向上心のある姿勢をしめそう!

とくに初心者の方の場合は、責任能力や向上心が高いことは、仕事をするうえでプラスになります。

向上心
  • 月に何本記事を書けるか?
  • 継続する意思はあるか?
  • スキルを上げる意思はあるか?など

発注先から受けた添削をきちんと反映させることができ、ミスのない記事を安定して納品できれば、評価はさらに高まります。

これらの意思を見せることで、お互いの信頼関係を築くことができるので、仕事を進めやすくなります。

Webライターとして自分の価値を高めるために、常に向上心を持ち続けましょう。

継続力

地道にコツコツと続けよう!

どの仕事にも必要な要素ですが、とくにWebライターに継続力は欠かせません。

Webライターになると、常に記事を書き続けなければなりません。

はじめのうちは、発注先からの修正依頼が多く、記事を完成させるまでに多くの時間と労力を費やします。

そのため、Webライターを長く続けるには、地道にコツコツと努力を続ける継続力が大切になります。

自分はWebライターを続けられるかどうか気になる場合は、下の記事をご参考くださいね。

書くことが苦にならなけらば、だれでも継続力を鍛えられますよ。

くわしく知りたい
Webライターに向いている人向いていない人の特徴・適性を磨く方法

読解力

  • 相手の立場になって考えよう!
  • 本をたくさん読もう!

読解力とは、文章を読み、その内容を理解して解釈する力のことです。

さらに言えば、文章だけでなく、コミュニケーションでも相手の立場状況感情メッセージを正しく理解する能力であり、Webライターのあらゆる場面で求められるスキルです。

読解力があると、素早く要点を把握できるため、相手の要望をスムーズに理解でき、説得力を持って説明できます。

読者のニーズ発注先の要求を的確に読みとり、適切に応えるためにも、Webライターにとって読解力は欠かせない要素です。

読解力を鍛えるには、本をたくさん読むことです。

加えて、読んだ本を要約する習慣をつけると読解力を鍛えられます。

読解力を鍛える方法
  • 語彙を増やす
  • 要約する習慣をつける
  • 音読する
  • 自分の意見と違う角度で考える
  • SNSでアウトプットする

短くてもいいので、本の内容をSNSでアウトプットするクセをつけると効果的ですよ。

では最後に、身につけたスキルをアピールする方法を見てみましょう。

身につけたスキルをアピールする方法3選

Webライターの身につけたスキルをアピールする2つの方法

身につけたスキルをアピールするには、3つの方法があります。

スキルをアピールする方法
  • ポートフォリオを作る
  • ブログのURLを提示する
  • Twitterで強みをアピールする

ポートフォリオを作る

長所や得意分野をしっかりアピールしよう!

Webライターにとって条件の良い仕事を得るには、自分をアピールするポートフォリオが欠かせません。

ポートフォリオとは、これまでに執筆してきた記事の作品集のこと。

ポートフォリオを作ると、あなたの強みを有利にアピールできます。

発注先は、ポートフォリオから過去の実績や執筆した記事を参考にして、あなたの能力を判断します。

ポートフォリオがあることで信頼できる判断材料を得られるため、発注先は安心して採用に踏みきれます。

あなたの能力を有効にアピールできるので、新しい案件を獲得しやすくなり、単価交渉もスムーズに運びます。

ポートフォリオの作り方は、下の記事を参考にすると、初心者の方でも魅力的なポートフォリオを作れます。

あなたの長所や得意分野をしっかりと伝え、どんどん強みをアピールしましょう。

くわしく知りたい
初心者向け!Webライターのポートフォリオの作り方【例文つき】

ブログのURLを提示する

身につけた知識やスキルをしめして証明しよう!

ブログを始めたら、プロフィール提案文ポートフォリオあなたのブログURL自信のある記事をいくつか載せましょう。

あなた自身のブログを発注先に提示することで、日本語の知識や文章作成スキルがあることを証明できます。

検索結果に上位表示することができれば、読者の求めている記事を執筆できる能力もアピールできます。

さらに、提示したブログがWordpressであれば、Wordpressのスキルを認められて、案件に採用されやすくなります。

ブログとポートフォリオを持っている初心者は少ないので、仕事の獲得件数や採用率が格段に上がりますよ。

ブログを仕事に活用する方法は、下の記事で解説していますのでご参考ください。

くわしく知りたい
初心者Webライターはブログがおすすめ!7つの理由と5つの活用法!

WordPressブログの始め方は、下の記事を参考にすると簡単に始められますよ。

くわしく知りたい
【WordPressの始め方】10分でできる方法を初心者にやさしく解説!

くわしく知りたい
【ブログ記事の書き方】6つの手順と15のコツを初心者向けに解説!

Twitterで強みをアピールする

得意な執筆分野や実績をTwitterのプロフィールに載せよう!

Twitterを始めて、自分の強みや文章力得意な執筆分野をアピールすることも有効です。

固定ツイートやTwitterのプロフィールに、あなたがWebライターをしていることを書き加えましょう。

Webライターを探している編集者やディレクターの目に留まり、あなたの能力が買われることもあります。

Webライターに案件を依頼したい発注先はたくさんいるので、積極的に活用しましょう。

Twitterをするメリット
  • Webライターの有益な情報を得られる
  • 文章を要約する練習になる
  • Webライターの実績をアピールできる
  • Webライターの仲間と交流できる
  • 案件を受注できる、など

上のように仲間を増やせたり、自分の実績をアピールできたりするので、あらゆる人たちとつながることができ、活動の幅を大きく広げられます。

Twitterの始め方を知りたい場合は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
WebライターがTwitterで仕事を獲得する方法7選と活用術!

スポンサードサーチ

おさらい:Webライターが身につけるべきスキル10選

Webライターに必要なスキルを理解すると、自分の価値を高める道筋が見えてきます。

発注先との信頼関係を築けて仕事を進めやすくなるので、ぜひ着実にスキルを身につけましょう。

身につけるべきスキル6つ
強みになるスキル4つ

また、スキルを身につけるなら、キャリアアッププランについて知ることも大切です。

下の記事では、Webライターの将来設計について解説していますので、あわせてご覧くださいね。

おしまいに

スキルを身につけるには、実践と経験を重ねることが成長の近道です。

Webライターの基礎知識を身につけたら、案件にどんどん応募して仕事を獲得しましょう。

成長の糧にしかならないので採用されなくても、まったく気にする必要はありません。

タイミングの善し悪しだと受け止めて、自信を持ってチャレンジしましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

それでは、ごきげんよう。

桜御前

タイトルとURLをコピーしました