未経験からWebライターに転職する3つの方法と7ステップ!

Webライターの転職方法
当ブログはアフィリエイト広告を使用しています。

きょうは、未経験からWebライターに転職する方法について綴ってまいります。

  • 「Webライターになりたい!」
  • 「未経験でもWebライターとして企業で働けるのかな…?」
  • 「やっぱり経験がないと転職できないのかな…」

このように疑問を感じている方は多いと思います。

Webライターとして企業で働いたことがなくても、転職は十分に可能です。

実際に、未経験からWebライターに転職して、企業で働き始めた方も少なくありません。

そこで今回の日記では、未経験からWebライターとして企業に転職する方法と手順を解説します。

この記事でわかること
  • 未経験から転職する3つの方法
  • 未経験から転職する7ステップ
  • 未経験の転職に強みになる5つのスキル

「スムーズに」「確実に」転職する方法を理解できますので、WebライターやWeb業界に興味のある方は、ぜひご参考くださいね。

桜御前
桜御前

キャリアアップを視野に入れてWebライターになりたい方は必見ですよ

スポンサードサーチ

5分でもどうぞ♪1分100円~なんでもOK!お気軽にご相談くださいね★
Webライター初心者さんのお悩み⭐丁寧に聴きます 何でもお話しください❤知識&経験をもとに優しくアドバイス☘️

ココナラで初心者さんの笑顔をサポートしています

WebライターWebライティングWordPressブログなど、初心者さんの「わからない」「困った!」をサポートしています。何かお悩みがあるときは「お悩み相談室」をご覧くださいね。

未経験からWebライターに転職する3つの方法

Webライターの転職方法

ではさっそく、未経験から転職する方法3つ見てみましょう。

転職する3つの方法
  • 転職エージェントを活用する
    もっとも採用率が高い!
  • 企業のホームページに応募する
  • 自分から企業に売り込む

転職エージェントを活用する

  • 効率的でもっとも確実性の高い方法
  • 転職に有利なアドバイスやサポートを受けられる

Webライターに転職するもっともおすすめな方法が、転職エージェントを活用することです。

転職エージェントを活用すれば、転職に秀でたプロからサポートを受けられるので、ひとりで活動するよりもスムーズ高い確率で希望の企業に就職できます。

おすすめの転職エージェントはつぎの4つです。

おすすめの転職エージェント

どの転職エージェントも、履歴書や職務経歴書の書き方面接の仕方などを丁寧にアドバイスしてくれるので、安心して転職活動を行えます。

プロの力を借りて自分の得意分野を明確にできるの、あなたの強みを最大限にアピールできます。

転職活動をするときは、ひとりで行うよりも、転職ノウハウにくわしいエージェントのサポートを受けるほうが、失敗せずに希望の転職先を見つけられます。

相談のみでも快く応じてくれるので、企業で働きたいなら、まずは話を聞くだけでも相談してみましょう。

成功する転職方法を教えてもらえたり、業界の転職事情を教えてもらえますよ。

上の4つの転職エージェントの特徴は、下の記事で解説していますのでご参考くださいね。

転職エージェントを賢く使う方法を知りたい場合は、下の記事がおすすめです。

桜御前
桜御前

転職エージェントに相談すると自分の適性や強みを把握でき、自分では思ってみなかった可能性を見つけられます

会社のホームページに応募する

競争率が低くて狙いやすい

自社のホームページに、Webライターの募集広告を出している企業もあります。

その場合は、ホームページから直接応募することができます。

どの企業も、自社に関心の高い熱意を持った人を採用したいと考えます。

あなたが、なぜその会社を選んだのか、興味や意欲をしっかりと伝えましょう。

募集する企業を見つけるのはむずかしいかもしれませんが、競争率が低く狙いやすい方法です。

自分から会社に売り込む

働いたい企業があるときにチャンスを掴める

働きたい企業や好きなメディア企業があるときは、思いきって自分から売り込みましょう。

まずは企業に連絡をして、採用担当者と話ができるようにつないでもらいます。

話しを聞いてもらえる場合は、あなたの思いや強みを具体的に伝えましょう。

どのようなジャンルを書けるのかどれだけの文章力があるのかすぐに伝えられるように準備することが大切です。

これまでに執筆した記事があれば、ポートフォリオを提示するなど、積極的な姿勢をしめしましょう。

ポートフォリオとは、これまでに執筆した記事の作品集のこと。

あなたの文章力や得意分野、強みをしめす資料になるので丁寧に作ることが大切です。

では、応募方法を理解できたら、確実に採用される手順を見てみましょう。

未経験からWebライターに確実に転職する7ステップ

未経験からWebライターに転職する手順は、つぎの7ステップです。

確実に転職する7ステップ
  • 1. Webライティングの基礎を学ぶ
  • 2. WordPressブログを始める
  • 3. クラウドソーシングに登録する
  • 4. 案件を獲得して実績を作る
  • 5. ポートフォリオを作る
  • 6. SNSを活用する
  • 7. 転職エージェントに登録する

Webライターになるには、必ずポートフォリオを準備する必要があります。

その理由は、Webライターを採用するときに、過去に執筆した記事をしめすポートフォリオを参考にして判断するからです。

選考通過率の高いポートフォリオにするために、転職活動を始める前に実績を作ることが大切です。

Webライティングの基礎を学ぶ

  • Web文章の書き方を理解しよう!
  • 文章力・読解力・リサーチ力がみにつく

はじめにWebライティングの基礎を学びましょう。

Webライティングの基本を知ると、Webサイトに載せる文章の書き方を理解できます。

もっともわかりやすく学べる本は、つぎの3冊です。

どの本も文章が苦手な人に向けて書かれており、簡単に実践できるので、ぜひ手に取ってみてくださいね。

本の内容を知りたい場合は、下の記事で解説していますのでご参考くださいね。

くわしく知りたい
初心者WebライターにおすすめのWebライティング本12選!

また「読みやすい文章の書き方」や「執筆方法」は、下の記事でも解説していますのでお役立てください。

くわしく知りたい
読みやすい文章15のコツ!読みにくい文章を劇的に変える改善策

Webライティングの書き方!基本と手順を1から解説【初心者必見】

WordPressブログを始める

  • Webサイト運営の実績を作ろう!
  • SEOスキル・Webマーケティングのスキルが身につく

Webライティングの基礎を身につけたら、Wordpressブログを始めて、実際に文章を書いてみましょう。

WordPressブログを運営すると、文章力はもちろん、SEO対策やWebマーケティングの知識も身につき、Webライターに必要なスキルを養えます。

SEO対策やWebマーケティングのスキルは、企業の即戦力にもなるので、書類選考のときに有利にアピールできます。

SEOとは、インターネット検索から多くの人に記事を読んでもらうために対策を立てること。

SEOのスキルを身につけると、読者の悩みを解決する記事を提供できるので、たくさんのアクセスやユーザーを集めることができ、企業の成果に貢献できます。

ブログを始めるメリット
  • 文章力が向上する
  • SEOスキルが身につく
  • Webマーケティングの知識が身につく
  • WordPressを使えるようになる
  • 実績として企業に提示できる

執筆したブログ記事は実績としてポートフォリオに載せることができ、クラウドソーシングで案件を受注するときにも強みとして提示できます。

執筆の練習にもなるので、未経験からWebライターを始めるなら、はじめにWordpressブログを開設しましょう。

転職したいメディア企業や業界が決まっているなら、Wordpressブログを運営するときは、転職したい企業や業界に関連するテーマを選ぶのがおすすめです。

業界の知識が身につき、企業についてもくわしくなれるので、書類作成や面接対策をするときに有効活用できます。

WordPressブログの開設は「かんたんセットアップ機能」があるので、だれでも簡単に設定できます。

10分ほどで開設できるので、ぜひこの機会に始めましょう。

くわしく知りたい
【WordPressの始め方】10分でできる方法を初心者にやさしく解説!

【ブログ記事の書き方】6つの手順と15のコツを初心者向けに解説!

クラウドソーシングに登録する

プロフィールや応募文にブログ記事を載せよう!

営業力や提案力が身につく

WordPressブログで記事を3~5本執筆したら、クラウドソーシングサイトに登録しましょう。

業界大手である「クラウドワークス 」と「ランサーズ」は常にたくさんの案件が募集されており「初心者歓迎」や「未経験者OK」の仕事も多いので、はじめてでも挑戦しやすいです。

おすすめのクラウドソーシング

プロフィールや応募文にはブログ記事のURLを載せてあなたの文章力や得意分野をしっかりとしめしましょう

企業は、必ずあなたのプロフィールに目を通すので、箇条書きや見出しを用いて見やすい文章にするのがポイントです。

プロフィールや応募文の書き方は、下の記事をご参考くださいね。

パソコンの準備から納品まで解説していますので、手順にそって進めば一通りを理解できますよ。

くわしく知りたい
【Webライターの始め方】仕事内容から進め方までゼロから解説!

案件を獲得して実績を作る

案件を受注した実績を作ろう!

プロフィールを完成させたら、案件を獲得してどんどん実績を作りましょう。

記事の依頼をこなすと、どのような企業に関わり何についての記事を書けるのかを具体的にしめせます。

どのくらいの件数を受注したのか、どのようなジャンルに対応できるのかを把握できれば、採用担当者も明確な判断ができますよね。

申し分のない実績を作るためにも、得意なジャンルや書けそうな記事にはどんどんチャレンジしましょう。

案件の受注率を高めるコツは、ブログのテーマと似た記事のジャンルに応募することです。

共通する内容が多いので執筆しやすく、ブログ記事を提示するときも、得意分野を具体的にアピールできます。

ポートフォリオを作る

自信のある実績を載せて得意分野をしめそう!

実績が溜まったら、ポートフォリオを作りましょう。

転職活動を行うときに、応募する企業にポートフォリオを提示すると、文章力はもちろん、あなたの得意分野考え方継続力をしめせます。

単に「企業で働きたい」と伝えるよりも「人に伝えることが好きなのでブログを運営しています」「文章力を上げるために案件を受注してスキルを磨いています」とアピールするほうが、採用する側も誠意を感じますよね。

自分で試行錯誤しながら実績を積みあげた経緯を伝えれば、説得力のあるアピールになります

具体的な実績をしめして、自信を持ってアピールできる、充実したポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオの作り方は、下の記事を参考にすると簡単に作成できますので、ぜひお役立てくださいね。

くわしく知りたい
初心者向け!Webライターのポートフォリオの作り方【例文つき】

SNSを活用する

  • メディア企業とつながりを持とう!
  • Webマーケティングのスキルが身につく!

ブログやクラウドソーシングを始めたら、SNSを活用することもおすすめです。

たとえば、Twitterに「ブログのURL」や「あなたのポートフォリオ」を貼れば、あなたの強みをアピールするチャンスになります。

加えて「一緒に働いてみたい!」「気になるな」というメディア企業を見つけたら、積極的にフォローしましょう。

それをきっかけに、あなたに興味を持った企業とつながりを持てる可能性が広がります。

SNSやブログを通して企業に就職することも珍しくないので、最大限に活用しましょう。

Twitterの始め方は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
WebライターがTwitterで仕事を獲得する方法7選と活用術!

転職エージェントに登録する

転職エージェントの選び方

※マイナビのプロモーションを含みます。

  • 2社以上の登録がおすすめ!
  • ポートフォリオの添削を受けてアドバイスをもらおう!

充実したポートフォリオが完成したら、いよいよ転職エージェントに登録します。

転職活動を始めるときは、転職サイトではなく転職エージェントを活用するほうが、希望の転職を実現できます。

なぜなら、成功する転職方法を熟知したエージェントが、親身になって成功までサポートしてくれるからです。

希望や経歴、適性にあう求人を紹介してくれるだけでなく、ポートフォリオの添削や面接対策の練習も行ってくれるので選考通過率が高まります

おすすめの転職エージェント

※リクルートエージェントのプロモーションを含みます。

とくに株式会社マイナビが運営する「マイナビエージェント 」と「マイナビクリエイター」は、熱心なエージェントが多く、手厚いサポートを受けられるので、安心して転職活動を任せられます。

担当者との相性の違い」や「サポートの違い」を比較するためにも2社以上の登録がおすすめです。

では、転職方法や手順を理解できたら、転職を成功に強みになるスキルを見てみましょう。

スポンサードサーチ

転職成功のために身につけたい5つのスキル

転職に強みになるWebライターのスキル

未経験からWebライターに転職するには、文章力以外にも、スキルや資格があると転職を有利に進められます。

Webライターに必要なスキルは、つぎの5つです。

Webライターに必要なスキル
  • 1. Webライティングのスキル
    (文章力・読解力・リサーチ力)
  • 2. SEOスキル
  • 3. WordPressのスキル
  • 4. コミュニケーション能力
  • 5. Webマーケティングのスキル

WebライティングのスキルSEOスキルWordPressのスキルは、初心者にも求められるスキルなので、必ず身につけることが成功の秘訣です。

Webライティングのスキル

Webライティングのスキルは、だれが読んでも理解できる文章でわかりやすく伝えるスキルです。

正しい日本語の知識に加えて、基本的な文書力読解力リサーチ力を求められます。

読者の求める情報を的確に読みとり適切に応える記事を執筆できれば読者の要望を満たすことができるため、ほかの記事を読んでもらえたり、ふたたびサイトに訪れたりしてもらえます。

着実にファンの獲得につなげられるので、WebライターにとってWebライティングのスキルは欠かせません。

ブログ記事の執筆や案件の受注を通して、必ず転職前までに身につけましょう。

SEOスキル

SEOのスキルも、転職前に身につけておきたい必須のスキルです。

SEOのスキルがあると、Webサイトの集客や成果の向上に貢献できるため、即戦力として活動できます

Webサイトの改善やアクセス向上の対策を提案できれば、あなたへの信頼度が高まります。

転職した先での信用を得るためにも、SEOスキルを身につけて有益な武器に役立てましょう。

SEOスキルを身につけるには、基礎を理解することが重要です。

SEOの根本的な考え方を学べる「10年つかえるSEOの基本」を読み、理解を深めましょう。

SEOの知識は、学ぶ範囲も広く奥が深いので、実践しながらスキルを磨くのと学習効率が高まります。

効率よく感覚を養えるようになるので、ブログと併用して学びつづけましょう。

本の内容やSEOを学べる本は、下の記事で解説していますのでご参考くださいね。

くわしく知りたい
【目的別】SEOを学べるおすすめの本12選【2023年最新】

このブログでも、SEOについて解説していますので、ぜひ「「SEOライティング」」の記事もご活用くださいね。

SEOライティング13の基本ポイント【初心者Webライター必見】

WordPressのスキル

WordPressを使えることも、Webライターに欠かせないスキルです。

ほとんどの企業が、Wordpressを用いてWebサイトを運営しており、Wordpressを扱えなければ、記事の投稿も編集もできません。

ただ、Wordpressは簡単に使えるように作られているので、むずかしい知識や技術がなくてもすぐに操作できます

Webライターに求められるスキルもそれほど高くないのでご安心くださいね。

基本的なことばかりなので、早めに覚えて使いこなせるようになりましょう。

created by Rinker
¥2,200 (2024/05/26 06:31:10時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,398 (2024/05/26 15:44:20時点 楽天市場調べ-詳細)

上の2冊は豊富な写真と図解つきで書かれているので、ひとりでも簡単に操作できるようになります。

パソコン操作に自信がない方は、本を片手に実践してみてくださいね。

WordPressの入稿の仕方や画像挿入の仕方は、下の記事で解説していますので、あわせてご参考ください。

くわしく知りたい↓本の内容も解説
【Wordpress入稿の方法】初心者Webライターでも簡単!

【初心者必見】Webライターの画像選定!6つの基本ルールとコツ

コミュニケーション能力

Webライターは、編集者やディレクターとチームを組んで記事を作ることが多く、コミュニケーション能力も欠かせません。

取材やインタビューを任されることもあり、相手の本音を引き出したり話の展開を組み立てたりする能力も必要になります。

日頃から意識して聴く力を磨き相手の話にペースを合わせて会話するように心がけましょう。

コミュニケーション能力を高めるには、デール・カーネギーの「人を動かす」の本が参考になります。

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/25 19:58:45時点 楽天市場調べ-詳細)

人によい印象をあたえる極意を学べるので、仕事を円滑に進める秘訣を習得できますよ。

また、下の記事で解説する方法もスキルアップに役立つので、あわせてお試しくださいね。

くわしく知りたい
初心者Webライターでも継続案件を確実に獲得できる9つのコツ!

Webマーケティングのスキル

Web業界で役立つ人材として貢献するには、Webマーケティングのスキルも重要な要素です。

Webマーケティングは、企業の戦略に欠かせない活動であり今後ますます需要が伸びるので、転職前に基礎的な知識を身につけておくことが望ましいです。

できる範囲で構わないので、Webマーケティングの知識も徐々に身につけましょう。

Webマーケティングとは、より多くの商品やサービスの価値をWebサイトやSNSを用いて読者に伝えること。

消費者の心理や立場、状況をイメージし、いかにわかりやすく価値を提供できるか、対策や改善をくり返して目標を達成を目指します。

マンガでわかるWebマーケティング」は、マンガでわかりやすく理解できるので、初心者でも抵抗なく学べます。

ブログ運営や案件の受注に慣れてきたら、Webマーケティングの勉強にも少しずつ取りかかりましょう。

本の内容は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webマーケティングを学べる本10選【初心者の独学におすすめ!】

本格的に学ぶなら、スクールを活用するほうが実践的に学習できて効果的です。

転職・就職に強いWebマーケティングスクールを知りたい場合は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
転職・就職支援に強いWebマーケティングスクール7選

Webライターに必要なスキルや有利な資格を知りたい場合は、下の記事で解説していますので、あわせてご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webライターが身につけるべき必要なスキル10選【初心者必見】

Webライターに有利な検定資格11選と合格の勉強法【初心者向け】

とくに、転職前に資格を身につけて強みを強化したいなら「SEO検定 」「薬機法管理者資格」「ビジネス著作権検定」を取得すると転職成功につながります。

Webライターの採用される志望動機を書く3つのポイント

30代未経験向け!書類選考が通過するWebライター転職の志望動機の書き方 Webライターでなければならない理由を書く 意欲をしめす なぜその企業なのか?選択した理由を書く 本気度をしめす 企業のメリットになる貢献できることを書く 即戦力をしめす
30代未経験向け!書類選考が通過するWebライター転職の志望動機の書き方3つのポイント゚

転職活動を行うときに、つぎの3つのポイントを押さえると強く印象づける志望動機になり、採用されやすくなります。

志望動機3つのポイント
  • Webライターを志望する動機を明確にする
  • その企業を選択した理由を明確にする
  • 企業のメリットになるスキルを伝える

志望動機は200~300文字程度にまとめて、PREP法を用いて簡潔な内容にしましょう。

Webライターを志望する動機を明確にする

Webライターでなければならない理由を伝えよう!

なぜWebライターを志望するのか、なりたい理由を明確にしましょう。

Webライターでなくてもよい、編者者でもWebディレクターでもよい、Web業界に転職できればよいと伝われば、志望動機が弱いと受けとられ、良い印象をあたえません。

「自ら取材に行って生の声を伝えたい」「自分の文章で良い反応を得られて嬉しかった」のように、Webライターでなければならない理由を伝えることが大切です。

志望動機は、企業があなたを採用する判断材料のひとつです。

採用担当者にはっきりと伝わる、強く印象づける志望動機を伝えましょう。

その企業を選択する理由を明確にする

その企業でなければならない理由を具体的に伝えよう!

なぜ、その企業を選択したのか?応募した会社で働きたい理由も明確にすることが重要です。

選択した理由を曖昧にすると「ほかの企業でも構わないのでは?」「うちの会社に限らなくてもできるよね?」と思われてしまいます。

相手に熱意を届けるためにも企業の経営方針や理念事業内容や特性をしっかりと理解して希望する理由を具体的にしめしましょう

企業のメリットになるスキルを伝える

即戦力になるスキルを伝えよう!

「未経験でも即戦力になる!」と伝わるスキルをしめし、企業のメリットになるWebライターだと思わせましょう。

たとえば「〇〇の業界に興味があります」と伝えるよりも「御社で私の〇〇のスキルを~に活かせます」と伝えるほうが具体性が増し、説得力が高まります。

企業は、すぐに活躍できる一緒に働ける人をイメージして採用します

未経験であってもプロ意識を感じさせる志望動機で、採用担当者に好印象をあたえましょう。

Webライターの志望動機の書き方をくわしく知りたい場合は、下の記事で例文付きで解説していますのでご参考くださいね。

スポンサードサーチ

Webライターに転職したあとのキャリアアッププラン

企業に転職したあとは、どのようなキャリアを歩み始めるのでしょう?

転職後のキャリアアップについて気になる方も多いと思います。

転職後のキャリアアップ
  • Webライター・編集者・ディレクターへ進む道
  • 会社を辞めて独立する道

Webライター・編集者・ディレクターへと歩む道

未経験から企業に転職すると「Webライター→編集者→ディレクター」の道をたどることがほとんどです。

はじめは、自分の書きやすい記事をひたすら執筆することが多いでしょう。

執筆に慣れたら、つぎはWeb編集者やWebディレクターの経験を積みます。

大まかな流れを見てみましょう。

Webライターのキャリアアップ
  • 1年目
    Webライター

    記事の執筆、取材、記事の修正、Webサイトの分析など

  • 2年目
    編集者

    記事のチェック・修正指示・編集・校正・指示書作成・記事の企画など

  • 3~4年目
    Webディレクター

    メディア全体の企画、進行管理、分析など

  • 4年目~
    編集長

    営業、マネジメント、メディア運営全般

「Webライター」の仕事は、記事の執筆をこなしつつ、取材、記事の修正、Webサイトの分析などを行います。

「編集者」の仕事は、記事のチェックや修正指示、校正や校閲、記事の企画などを行います。

さらに経験を積むと、少しずつ仕事の範囲が広がり、Webディレクターから編集長へとキャリアを積みます。

努力の積み重ね次第や働き方次第ですが、上のようなルートでキャリアアップします。

Webライターのキャリアアッププランをもっと知りたい場合は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webライターのキャリアアッププランとは?必要な5つのスキルも解説

会社を辞めて独立する道

企業で働き、総合的なスキルを身につけると、メディア運営全般を管理できるようになります。

そうなれば、独立する道も見えてきますよね。

たとえば、WebマーケティングやSEOの専門家として独立し、企業のコンサルタントを請け負うことも可能ですし、自分のWebメディアを立ち上げることもできます。

もちろん、Webライターとして独立し、これまでに築いた経験や人脈を活かして仕事を請け負うことも可能です。

このように、Webライターのキャリアプランには、おもに2つの選択肢があります。

転職活動を行うときは、長期的な視点をあわせ持ち、将来を見据えて転職先を探しましょう。

独立する方法やメリットを知りたい場合は、下の記事をご参考くださいね。

くわしく知りたい
Webライターが独立する方法・7つの準備・必要な5つのスキル!

では、最後にWebライターの働き方を見てみましょう。

Webライター会社員とフリーランスの違いと特徴

Webライターの働き方は、おもに二通りあります。

Webライターの働き方
  • 企業に就職して働く
  • フリーランスとして働く

企業に転職して働く

  • 安定して働ける
  • 知識やスキル、企業のノウハウを吸収できる

1つは、会社員として企業に就職または転職する働き方です。

Webライターを募集している企業に応募して「書類選考→面接→テストライティング→最終面接」を受けて働く方法です。

おもな就職・転職先は、つぎのような種類があります。

おもな就職・転職先
  • Webメディア企業
  • Web広告代理店
  • Web制作会社
  • SEOコンサルティング会社
  • 自社メディアを運営する会社、など

メディアとは媒体や手段のことをいい、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・Webなどの媒体を指します。

会社員として企業で働く場合、時間の縛りはありますが安定して働けます

また、企業のノウハウを吸収でき、WebライティングやWebメディアに関する知識やスキルを総合的に身につけられます。

フリーランスとして働く

  • 時間や場所に縛られずに自由に働ける
  • 知識やスキルを自分で身につける

もう1つは、フリーランスのWebライターとして活動する働き方です。

企業などには所属せず、すべて自分の力で仕事を受注し請け負います。

仕事は、つぎの方法で獲得します。

仕事の受注方法
  • クラウドソーシングに登録して受注する
  • 依頼者から直接契約して受注する

フリーランスは、時間や場所に縛られずに働けますが、まとまった収入を得るには時間がかかります

また、上司や先輩に育成してもらえるわけではないので、知識やスキルは自分で身につける必要があります。

会社員とフリーランスの違い

会社員とフリーランス、2つの働き方の違いを見てみましょう。

会社員とフリーランスの違い
  • 会社員のWebライター
    ・安定して働ける
    ・総合的に教えてもらえる
    ・全般的なスキルが身につく
  • フリーランスのWebライター
    ・実力に見合った仕事を請け負う
    ・自分でスキルを磨く必要がある
    ・執筆後の記事に関わらない

フリーランスの場合、だれかに教わるわけではないので、自分自身で知識とスキルを磨く必要があります。

そのため、記事の執筆や編集、Webサイトの運営方法など、メディア全般の知識を身につけたい場合は、企業で働くのがもっとも賢い選択と言えます。

企業に転職したら、余すことなくノウハウを吸収し、経験・人脈・スキルをたくさん獲得しましょう。

スポンサードサーチ

おさらい:未経験からWebライターで企業に確実に転職する方法

未経験から企業に転職するには、ブログ運営や案件受注の実績があると、高確率で転職できます。

加えて、転職エージェントを活用すれば、確実性はさらに高まります。

Webライターに転職する方法
  • 転職エージェントを活用する
    (もっとも転職率が高い!)
  • 会社のホームページに応募する
  • 自分から企業に売り込む
おすすめの転職エージェント
転職に強みになるスキル
  • 1. Webライティングのスキル
    (文章力・読解力・リサーチ力)
  • 2. SEOスキル
  • 3. WordPressのスキル
  • 4. コミュニケーション能力
  • 5. Webマーケティングのスキル

未経験の場合は、いかにWebライターとして準備ができているか、どれくらいの意欲があるかを見られます。

日頃から執筆を行っていることがアピールポイントになるので、何よりも書くことをコツコツと続けましょう。

また、転職を成功させるには、転職サポートの手厚いスクールを活用することも有効です。

下の記事では、転職支援のあるスクールを紹介していますので、あわせてご覧くださいね。

おしまいに

Webライターの基礎を固めるなら、企業で一定の経験を積むことがおすすめです。

なぜなら、いずれはフリーランスとして独立する場合でも、はじめに企業に身を置くことで、多くの学びと人脈を得られるからです。

いきなりフリーで独立するよりも、視野も広がり早く成長できますよ。

未経験歓迎の企業もあるので、まずは、ポートフォリオを準備して応募してみましょう。

今後の可能性を広げる、幅広い選択肢を得られますよ。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

それでは、ごきげんよう。

桜御前

タイトルとURLをコピーしました